らゆるマーク認証取得の総合卸問屋『マークブランドプロデュース協会』マーク普及促進と企業ブランド構築 認証取得支援コンサルティング 僕俺株式会
      
い/簡単/格安/選べるマークの資料請求比較サイト『マークタイムズドットコム』が成功させるマークブランディング 認証取得コンサルタント完全無料紹

      

  

              

        
   

支援実績

Q&A

ISO・マネジメントシステム

ISO9001

ISO14001

ISO27001

プライバシーマーク

ISO13485

ISO22000

HACCP

ISO20000

OHSAS18001

ISO/TS16949:2002

ISO17025

ISOの統合・リフォーム



税理士法人とは

税理士法人とは

税理士(ぜいりし)は、税理士法に定める国家資格であり、税理士となる資格を有する者のうち、日本税理士会連合会に備える税理士名簿に、財務省令で定めるところにより、氏名、生年月日、事務所の名称及び所在地その他の事項の登録を受けた者をいいます(税理士法18条)。徽章は、日輪に桜。
・概要
税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とするとされ(同法1条)、業務として、他人の求めに応じ、各種税金の申告・申請、税務書類の作成、税務相談、税に関する不服審査手続き等を行います。

「税理士となる資格を有する者」としては、税理士試験に合格し2年以上の実務経験を持つ者、23年以上税務署に勤務し指定研修を受けた国税従事者(いわゆる税務署OB)、公認会計士、弁護士があり、税理士名簿への登録を受けることによって「税理士」となり、税務をおこなうことができます(同法3条1項)。

・税理士法上の業務
税理士は、他人の求めに応じ、租税に関し、次に掲げる事務を行うことを業とします(税理士法2条1項)。
1.税務代理(同法2条1項1号)
2.税務書類の作成(同法2条1項2号)
3.税務相談(同法2条1項3号)
この他、税理士の名称を用いて、他人の求めに応じ、税理士業務に付随して、財務書類の作成、会計帳簿の記帳の代行その他財務に関する事務を業として行うことができます(同法2条2項)。

・その他の業務
税理士は、業務に付随する範囲において社会保険労務士業務の一部をなすことができます(社会保険労務士法27条・同施行令2条)。また、税理士となる資格を有する者は行政書士登録を受ければ行政書士となることができます。(行政書士法2条)

・税理士法人
2001年(平成13年)の税理士法改正により、税理士事務所の法人化(税理士法人)が認められ、税理士は、開業税理士、社員税理士、補助税理士のいずれかの区分に分類されることになりました。 2006年(平成18年)5月1日、会社法施行にともない、公認会計士・税理士は会計参与という株式会社の機関の一類型として、会社に参加しうることになりました。

戦後司法省から独立し公権力から自立している弁護士とは異なり、行政庁の監督下に置かれる公認会計士や弁理士などと同様に、行政庁である財務省および国税庁に監督権があり、懲戒権者も財務大臣とされています。

・税理士業務
税理士業務は、税務代理、税務書類の作成、税務相談に大別されます。

・税務代理
税務代理とは、税務官公署に対する租税に関する法令若しくは行政不服審査法の規定に基づく申告、申請、請求若しくは不服申立て(以下「申告等」という。)につき、又は当該申告等若しくは税務官公署の調査若しくは処分に関し税務官公署に対してする主張若しくは陳述につき、代理し、又は代行することをいいます(同法2条1項1号)。主に税務調査に立会って対応すること。

・税務書類の作成
税務書類の作成とは、税務官公署に対する申告等に係る申告書、申請書、請求書、不服申立書その他租税に関する法令の規定に基づき、作成し、かつ、税務官公署に提出する書類で財務省令で定めるもの(以下「申告書等」という。)を作成することをいいます(同法2条1項2号)。主に税務申告書を作成すること。

・税務相談
税務相談とは、税務官公署に対する申告等、第1号(税務代理)に規定する主張若しくは陳述又は申告書等の作成に関し、租税の課税標準等の計算に関する事項について相談に応ずることをいいます(同法2条1項3号)。

・沿革
・税務代弁者の発生
明治維新以後しばらくの間、税制は旧慣習によることとされていたが、版籍奉還・廃藩置県によって旧藩の債務を引き継いだ新政権は財政的な困難に陥り、これを契機として税制の整備がなされるようになりました。

1873年(明治6年)に地租改正条例の公布がなされ、土地所有者が納税義務者となり、収穫力に応じて決められた地価が課税標準とされました。明治初期は国税収入に占める地租の割合が8割を占めるなど、当時の租税は農業への課税が中心でした。

その後、1887年(明治20年)に所得税、1897年(明治30年)には営業税が国税として創設され、徐々に商工業者への課税が税全体に占める割合を高めていきました。税負担の増加に対して、商工業者のなかには、退職税務官吏や会計の素養がある者に税務相談等を行ったり、申告代理を依頼する者があらわれました。このような税務相談や申告代理が今日の税理士業務の発端ではないかといわれています。

1904年(明治37年)の日露戦争勃発で、財政需要が拡大し増税がなされたのに伴ってこの傾向は顕著となり、税務相談や申告代理を専門に行う者も増えました。彼らは税務代弁者あるいは税務代弁人と呼ばれました。しかし、無資格で業務が行われていたため、専門家として税務をおこなっていた国税従事者(いわゆる税務署OB)、弁護士、計理士の他に悪質なものも税務代弁者として税務を行うことができ問題となりました。

・府県令による規制
税務代弁者が増える一方、これらの者の中に、納税者が税についての知識を有していないことに乗じて、不当な報酬を要求したり、税務官庁に対して何ら理由もなく異議申し立て等を提出させるなど税務官庁との紛争を起こさせようとする者があらわれるようになりました。このような不適格者に対する規制として、大阪府で1912年(明治45年)に府令として「大阪税務代弁者取締規則」が制定され、同じく京都府では1937年(昭和12年)に「京都税務代弁者取締規則」が制定されました。 この規則は、税務代弁者は警察の営業免許を受けるものとし、名義貸し禁止・信用保持義務を課すものであり、地域的な治安維持を目的として設けられたものでしたが、問題解決には至りませんでした。

・税務代理士法の制定
税務代弁者についての法律としては、1933年(昭和8年)3月第64帝国議会衆議院に「税務代理人法案」が提出されたが、当時、専門家として税務を行っていたもののなかに反対の声が強く、廃案とされました。この当時、専門家として税務を行っていたものは、国税従事者(いわゆる税務署OB)、弁護士、計理士(後の公認会計士)です。

その後、1937年(昭和12年)の日中戦争勃発から第二次世界大戦の時期にかけて、増加する戦費を調達するため度重なる増税がなされ、また税制度はより複雑となっていきました。さらに、税務当局においては官吏の多くが兵員として出征していたことから人員不足に陥り、税務行政の執行に支障をきたすほどの状況にありました。このため税務代弁者等の数が減少し、このような混乱した状況に乗じて、不適正な税務指導等を行って不当な報酬を納税者に要求する者が横行するようになっていった。このことから、税務代理士の制度を設け、その資質の向上を図ると共に、これらの者に対する取締りの徹底が必要であるとされ、1942年(昭和17年)に税務代理士法(昭和17年2月23日法律第46号)が制定されるに至りました。弁護士、計理士(後の公認会計士)、国税従事者は税務代理士に許可、強制入会されることとなりますが、この税務代理士というものは税務を行う者の総称というものであり、この税務代理士なる名称が後の税理士の前身となりました。

・税理士法の制定
第二次世界大戦の終戦後、GHQによる民主化政策の一環として、計理士制度から公認会計士制度への見なおしや、弁護士制度の見なおしが行われました。そして、公認会計士法成立の翌年、税務代理士制度も見直しがなされることとなりました。1949年(昭和24年)に来日したカール・シャウプ博士を団長とするシャウプ使節団が発表した報告(いわゆるシャウプ勧告)において、税務代理を行う者の水準を向上し、納税者及び税務官公署のためのよりよい協力者となって、税務行政の適正円滑化を推進すべきであるとの観点からの勧告がなされました。

この報告を受けて、納税者等のためのよりよい協力者を増やすべく税務代理を行うものを「弁護士、会計士に厳しく限定せず、加えて税理士試験合格者、院免除者にも税務代理を行うことが出来るようにする」こととされました。すなわち、「国民経済の発展により税務を行う者がより多く必要となりましたが、弁護士、会計士は資質のみならず倫理性や適正性をも試験ではかる必要があったため、その数を安易に増加させることは困難である。このため単に税務の資質をはかるのみの簡易な税理士試験を導入し、税務従事者の絶対数を増やそう」と考えられたのである。 この結果、1951年(昭和26年)に税理士法が成立、同年6月15日に公布され同年7月15日に施行されました。また、税理士法の施行に伴い、従前の税務代理士法は廃止されました。又、この改正により、単に試験に合格しただけの税務従事者が誕生することになったため、単なる総称としての税務代理士は、専門家としての税理士資格へと性質が変わることになります。

・識見の範囲
日本国によって担保される識見の範囲を把握するためには、税理士試験における出題基準及び合格基準が参考となります。

試験科目は11科目。必修科目、選択科目、選択必修科目があります。必修科目は簿記論、財務諸表論。選択必修は法人税または所得税(両方でもよい)。選択科目は相続税法、消費税法又は酒税法、国税徴収法、事業税又は住民税、固定資産税があります。このうち必修2科目、選択必修1科目、選択科目2科目(うち1科目は選択必修も可)の合計5科目合格により税理士となります。ただし、消費税法と酒税法、事業税と住民税はそれぞれどちらかしか選択できません。また一回の試験で合計5科目までしか受験できません。

・税理士業務のIT化
e-Japan戦略の一環としてのe-Tax(いーたっくす・国税電子申告・納税システム)の普及に伴い(近い将来、電子申告率が50%を超えるとも言われる)、税理士業務にもIT化の波が急速に押し寄せています。 2008年には、NTTデータが税理士向けに財務情報流通ゲートウェイ―Zaimon(ザイモン)サービスを開始したことなどもあり、顧問先企業へのサービスの提供という観点からも、税理士業務のIT化の動きは避けられないものと思われます。

・税理士法人
・四大税理士法人
KPMG税理士法人 (w:KPMG)
新日本アーンストアンドヤング税理士法人 (w:Ernst & Young) - 略称:E&Y
税理士法人トーマツ (w:Deloitte Touche Tohmatsu) - 略称:DTT,Deloitte.
税理士法人プライスウォーターハウスクーパース (w:PricewaterhouseCoopers) - 略称:PwC
を一般に4大税理士法人という。いずれも広い意味での企業税務を中心とする税理士法人です。また、各税理士法人は同系列の四大監査法人(あずさ、新日本、トーマツ、あらた)や海外の四大会計事務所のネットワークと連携しています。

4大税理士法人は、それぞれ大規模事務所として、東京・大阪・名古屋には必ず点在しており、どの4大税理士法人も500人を超える規模です。(税理士法人トーマツだけは、この3大都市圏以外の地方都市にも多く点在している)国内税務や移転価格税制などの国際税務を担当する会計事務所であり、一般に、以下に記述されるような共通する性質を有するとされています。

・大規模化
端的に言えば上場企業などのグローバル化により日本国内・企業組織再編や移転価格税制などの特定分野の専門性が顧客の需要に応えられなくなってきた事実を打開することが目的であることが大きい。

・日本国外の税理士
日本以外で税理士に相当する資格制度をもっている国はドイツ、オーストリアと韓国、中国(注冊税務師)です。 米国においても米国税理士(EA)という資格制度が存在しますが、米国では資格の有無にかかわらず有料で税務申告を作成することができるなど、日本の税理士制度とは大きく異なります。 ドイツではSteuerberaterとよばれ、Steuerberaterkammer(税理士会。ドイツ全国に21の税理士会と、それらの連合組織である連邦税理士会がある。)に登録している資格者は約7万人である。Steuerberaterの資格を有する日本人には、現在までに田中 泉(元EY、元KPMG、現自営)、佐野雪香(EY)、天野史子(PwC)、松本美紀(EY)などがいます。


【マークブランドプロデュース協会関連団体企業】

マーク付与・普及促進関連団体の方はこちら!

マーク認証取得支援関連企業および団体の方はこちら!

PRブランディング関連会社の方はこちら!

当ウェブサイト経由でマークを認証取得した企業および団体の方はこちら!

新たなマーク普及促進に意欲的な企業および団体の方はこちら!

マークブランドプロデュース協会より特別に許可された企業および団体、個人の方はこちら!




成功するマークブランディングとは ・・・ 

マークブランドバナー使用について

マークタイムズドットコムキーワードについて
【ひとつでもピンときたらお問い合わせを!



   



        

   

マーク一覧  マークブランディングとは?  MarkTimes.com 基本理念  ニュース  ブログ  採用情報  ご質問  サイトマップ  English  

ホーム サービス案内 サービス導入事例 会社情報 採用情報 パートナー 協会のご案内 広報リリース 販売統計 入会のご案内 資料ダウンロード
おすすめまーく 資料請求のメリット 弊社サービス8つの強み 社長メッセージ コーディネーター紹介 クライアントの声 導入事例・実績 導入の流れ・サポート体制
Choose Your Lovely Mark 資料請求・お問い合わせ MARK MAN 成功するISO認証取得のコツ コンサルティングプラン セミナー 支援実績 Q&A

■プライバシーマークについて   ■ISOについて   ■プライバシーマークとISOの比較   ■当サイトの利用方法

ISO9001(品質) ISO14001(環境) ISO27001(情報セキュリティ) プライバシーマーク ISO13485(医療機器) ISO22000(食品安全) ISO9100(航空宇宙) HACCP ISO20000(ITサービス) OHSAS18001(労働安全衛生) ISO/TS16949(自動車) ISO17025(試験・校正機関) ISOのリフォーム ISOの統合

■マークブランディングとは?■ ■マークを知ってもらう!■ 国マーク 省庁マーク 官公庁マーク 行政マーク 役所マーク 都道府県マーク 市町村マーク
地方公共団体マーク 財団法人マーク 社団法人マーク 公益法人マーク 独立行政法人マーク NGOマーク NPO(特定非営利活動法人)マーク 医療法人マーク
社会福祉法人マーク 宗教法人マーク 監査法人マーク 弁護士法人マーク 税理士法人マーク 司法書士法人マーク 社会保険労務士法人マーク 行政書士法人マーク
特殊法人マーク 許可法人マーク 中間法人マーク 特別民間法人マーク 企業ロゴ・マーク 業界団体マーク 研究機関マーク 任意団体マーク 協同組合マーク

営業代行支援サービス 営業一括代行 営業アウトソーシング コンサルティング テレマーケティング 営業マン派遣 各種代理店制度 WEB戦略 FC展開
クレーム処理収集 ブランディング 営業代行最適化 多面的進化型営業局 マークタイムズドットコム MBP協会について 無料広告掲載のお申し込み

 【MBP協会関連団体企業】
・マーク付与普及促進関連団体  ・マーク認証取得支援関連企業  ・PRブランディング関連会社  ・マーク認証取得済み企業  ・新マーク創造開発普及促進

■士業のみなさまへ!  ・弁護士MARK! ・司法書士MARK! ・税理士MARK! ・会計士MARK! ・弁理士MARK! ・行政書士MARK!
 ■士業をMARKする!  ・中小企業診断士MARK! ・社会保険労務士MARK! ・経営コンサルタントMARK! ・保険コンサルタントMARK!

●マークブランディング  ●シンボルマークブランディング  ●トレードマークブランディング  ●キャラクターブランディング

※バナーの使用について    ※バナー使用規約    ※相互リンクについて
取得100%保障 実績 最短 無料 全国対応 確実 低価格 完全サポート 完全取得保障 取得方法 ガイドライン 費用 運用 制度 メリット 認定機関 指定期間 取得事業者 付与機関
取得事業者一覧 推進センター 申請 審査員 正会員募集 賛助会員募集 ISO 国際標準化機構 プライバシーマーク Pマーク 認証取得支援 認定審査機関 コンサルティング会社
コンサルタント 完全無料見積もり 費用比較 資料請求 セミナー研修 マークブランディングプロデューサー『MARK MAN』 〝Produced By 僕俺(ぼくおれ)株式会社〟


あらゆるマーク認証取得の総合卸問屋       マーク認証取得支援コンサルティング × 営業代行マーケティング = マークブランディング

マークブランドプロデュース協会関連団体企業
マーク付与認定指定機関・普及促進関連団体の方 MarkOwner PressRelease Column
マーク認証取得支援関連企業および団体の方 MarkConsultant PressRelease Column
PR・ブランディング関連会社の方 Mark PR Brand PressRelease Column
MarkTimes.comが認める認証取得企業 MarkBrandGroup PressRelease Column
新たなマーク普及促進に意欲的な企業・団体 NewMarkCreator PressRelease Column
マークブランドプロデュース協会特別参加枠 MarkBrandPeople PressRelease Column



Copyright(C) BokuOre Inc. All Rights Reserved. マークブランドプロデュース協会 僕俺株式会社 たまご広告 四両資料.COM 僕俺グループ Privacy Policy